稲葉真紀 今日のひとりごと  

<   2006年 12月 ( 26 )   > この月の画像一覧

車の中から。

b0000459_9262129.jpg

来日山のてっぺんが白くなってました。
ちゃんと冬がやってきて一安心。
でも下界は久しぶりのいいお天気!
今日は、昼から急に雨になったり・・
って騙しなしよね?
[PR]
by gii1213 | 2006-12-05 09:26 | 城崎温泉。

子供って。

なんであんなに泣くんだろ。
ちょっと離れただけで。
「お母さんね、洗濯物取ってくるから待っててくれる?」
まだわかる筈ないだろうけど、言い聞かせて離れる。
それまで機嫌よかったから大丈夫だろう、って。
だけど。
階段3段くらい降りただけで。
ものすごく大きな声で泣く。
悲しそうに。
慌てて用事を済ませて抱き上げる。
「なんでそんなに泣くのん?お母さん、どこにもいかへんよ。(泣)」
それでも暫く、しゃくりあげるように泣く。
なんでだろ。
捨てられるかもしれない、なんて不安があるのだろうか。
人間の赤ちゃんは一人では生きていけないから、
遺伝子に組み込まれてるのか。

私も、幼い頃そんな不安があった。
別に可愛がられてなかったわけじゃない。
だけど幼稚園に初めて行った時。
母に捨てられる、
と感じて必死で泣き叫んだ。
今、諦めたら捨てられる。
そう思った。
知らない土地でかくれんぼをした時も。
それまで楽しかったのに。
鬼になって、
家族が隠れた途端。
遊んでいたことは何もかも忘れて、
泣き叫んだ。捨てられたと思った。
そんなこと、あるはずがないのに。
その思いだけは今も覚えている。

ゆう、お母ちゃんはどこにもいかないよ。
心の底から安心するまで、いくらでも抱いてあげよう。
b0000459_22545029.jpg

[PR]
by gii1213 | 2006-12-04 22:57 | ゆうのこと

冬がやってきた。

b0000459_22203299.jpg

12月に入った途端、
寒さがかわりました。
昨日は「雪おこし」と言われる雷が鳴った。
これから雪が降る季節ですよ、
と教えてくれる雷らしい。
雷は夏のものだと思ってた。
「おこし」はお菓子だと思ってた。

ゆうもまもなく四か月。
いろんなもんが掴めるようになってきた。
ゆうを抱いたまま、洗濯物を取り入れてたら、
お父ちゃんのパンツをひっぱって外した。
すごい力になったなぁ。
手伝ってくれたのかな。
ありがとう。
[PR]
by gii1213 | 2006-12-03 22:20 | ゆうのこと

物々交換☆

b0000459_2133140.jpg

京都に住む、人より10倍ほど食い意地の張った友人が、
蟹、カニ、とあまりに恨めしげなので、
物々交換を提案した。

カニ送るから、
こっちにないもん送ってよ。
私にとって、
こっちにないもんは、
ケーキとパン!
もちろん、こちらにもケーキ屋さんとパン屋さんはあるけど。
それらがひしめき合っている京都や神戸には適わない。
まだ出会えてないだけかもしれないけど。
でも、
おいしすぎる素材に恵まれているから、
そういった文化は発展しないのかも。

そして私はカニを送り、
彼はチーズケーキを送ってくれました(^-^)
テンタシオンアンジュのベイクドチーズケーキ(o^o^o)
食べてみたかった~!
焼いたとは思えない触感。
口の中でほろほろ崩れて溶けていく。
あ~、シアワセ。
年下の姉は、
日本人でよかった!って。
日本人にしかできない、繊細なチーズケーキだって。
なるほど☆
[PR]
by gii1213 | 2006-12-02 21:33 | 食い意地。

イルミネーション

b0000459_20563358.jpg

たった今、点火されました☆
城崎に来た時は見てくださいね。
[PR]
by gii1213 | 2006-12-01 20:56 | 城崎温泉。

私の知らなかった写真屋の世界

正解は。
b0000459_17204317.jpg
b0000459_1721980.jpg

その名の通り、
フィルムのベロマジックのように取り出せる器具でした☆
最近は、フィルムの持込が少ないので、
大活躍!というほどではないですが。
それでも毎日頑張っています。

フィルムカッターは、
b0000459_1724133.jpg

まっすぐにカットして、
リーダーに付けて現像機に入れます。
フィルムは手のひらに隠れるほど小さいのに、
現像機は、私が3人は入れそうなほど大きいです。
お値段は・・・、お家が買えるそうです(^^;)
b0000459_1726477.jpg

[PR]
by gii1213 | 2006-12-01 17:26 | カメラマンへの道



大阪でMCタレントをしながらタレント事務所を営むも、城崎温泉に嫁ぐことになり生活が180度変わった・・・。テーマもばらばらに、日常の中での勝手なひとりごとです。