人気ブログランキング |

稲葉真紀 今日のひとりごと  

2007年 03月 09日 ( 1 )

お気に入り♪

b0000459_2113815.jpg

友人が出産祝いにくれた絵本。
ボタンを押すとオルゴールのやさしい音色が流れる。
よくある電子音はイライラしてしまって苦手だけど、
これは私も好き。
旅行にも持っていったら大正解!
飛行機の離陸で。
気圧の変化にゆうが泣きだした時、これを聞かせると一発で機嫌が治った☆
今まで無敵だったおっぱいも効かなかったのに、
すごい代物だ。

今回、思い切って旅行に行ってよかった。
七ヵ月の赤ちゃんをつれて旅行なんて親のエゴだ
とお叱りも受けたけど。
私も以前はそう思ってたなぁって
飛行機の中で考えてた。

何も考えずに出かけたわけじゃない。
三人の子供がいる友人に相談したし、
町の保健士さんにも相談した。
心配なのは飛行機だけだったけど、
遠方に里帰り出産のお母さんたちは、
もっと小さい子を連れて帰ってくる。
大丈夫、そう思った。
たしかなことは、
七ヵ月の赤ちゃんをいきなり旅行に連れていったわけじゃなく、
七ヵ月間、毎日24時間見てきたゆうと一緒に旅行に行ったのだ。

何より。
今回は、孫の日々の小さな成長を傍で見ることができない私の両親に、 
「孫との旅行」をプレゼントしたかった。
結婚前に連れていきたかったけど無理だったから。
商売があるからいつでも行けるわけではないし。
ゆうの兄弟を早く作ってあげたいから、
妊娠すると難しくなる。
いろいろ考えた末。
七ヵ月と、一歳と二歳と、いくつからなら早過ぎないのだろう。
どこで線を引くのだろう。
ゆうに関しては、早過ぎないと判断したのです。
城崎の両親も理解してくれて、
旅行に行くのを賛成してくれました。
心配だったろうな。
本当に感謝です。

ゆうは旅行を楽しんでくれたみたい。
飛行機の中でもみんなに愛想をふりまき、いろんな人の顔を嬉しそうに見てた。
見るもの全てがおもしろくて、ぴょんぴょん跳ねて。
テンションあがりまくりでした。
そして両親も喜んでくれたようで何より。

子供がいるからって我慢することない!
なんて決して思わない。
だけど、
子供のために何もかも我慢、
も違う気がする。
みんながよければ一番☆
by gii1213 | 2007-03-09 21:01 | ゆうのこと



大阪でMCタレントをしながらタレント事務所を営むも、城崎温泉に嫁ぐことになり生活が180度変わった・・・。テーマもばらばらに、日常の中での勝手なひとりごとです。