稲葉真紀 今日のひとりごと  

<   2007年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ナレーション

仕事の友人の結婚式の二次会。
久しぶりな後輩にも会えて楽しかった♪
今は彼女も三十路で、
ベテランな空気を醸し出した綺麗なMCさん。
ラジオもテレビもこなす。
でも最初会った時は…。
背中が丸くなるのが気になって。
会う度に、
「せなかまがってるで!」
と注意するお節介な先輩でした(笑)
綺麗になったよねぇ、ほんとに。
今回結婚した友人は、
10年越しの恋愛の末。
すごいなぁ。
私なんて三ヶ月くらいです…。
彼女はナレーションが上手。
知る人ぞ知る、
「買い取りまっくす~!」
のCMナレーションを生で聞けてうれしかった♪

城崎に帰って、私も仕事。
なかなか上手くはならないけれど、
丁寧に長く仕事ができたらいいな。
ちなみに。
今アイティで流れている
「秋・薔薇フェスタ」のナレーションは私です(笑)。
豊岡の人しかわからないけど。
[PR]
by gii1213 | 2007-10-29 20:13

おいしいもん食べました!

b0000459_23281398.jpg

b0000459_23281440.jpg

友人のブログを見てて、
めっちゃ行きたい!
とずっと思っていたお店。
epice。
うほほ!
念願叶って、連れて行って貰いました!
天神橋筋商店街の中なんだけど、
教えて貰わないとわからない。
隠れ家みたいな店。
ここ。
って言われても、
え?どこ?
ってキョロキョロしてしまった。
とっても小さな入口を奥深く入っていくとお店がある。
そのエントランスもわくわくした。

こじんまりしたほどよい広さのお店。
黒板にギッシリ書かれたメニュー
旬の魚や野菜が並ぶ。
悩んだわ~。
さんま、
一つとっても、
燻製、あぶり、パスタ、とある。
あ~、嬉しい悩み。
あぶりのワタソースにした。
苦いワタに八丁味噌、バジルにオリーブオイル、
新鮮なさんま。
ゆうも夢中で食べた。

自家製金柑マーマレードと鴨のコンフィー二。
なんてステキなメニューも。
鴨と柑橘系の取り合わせはたまらなく好き。

写真も撮るの忘れてた。

やっと撮った写真のパイ包みの中は、
ビーフストロガノフ。
魚は、
常連さんが釣りから帰ってきたお土産。
(私も、仕事絡みで知ってる人だった!)
カルパッチョかと思いきや、
葱たっぷりのコリアン風。
フライドガーリックがいいアクセント。
おもしろいな~。
旬のおいしい素材を、
想像を裏切る料理で、
しかも想像以上に期待に応えてくれる。
外で食べる食事の1番楽しいこと。
でも、なかなかそんな店はないのです。

熱く語ってしまった。
パスタとかももっと食べてみたかったし、
飲みたかったわ~。
ゆうがいるので早々に退散。
いつかまた、絶対行きたい!
[PR]
by gii1213 | 2007-10-25 23:28

ぶーちゃんとねんね。

b0000459_2245471.jpg

ぬいぐるみが苦手なゆう。
泣き叫んだ前よりはマシになったものの、
自分から手をだすことはなかったのに。
高い棚にのっていた抱きまくらを
指さして、あ~あ~。
え?
これ?
まさか。
手渡してみると、
抱きしめてチュウ。
びっくり。
それから離さなくなってしまった。
ばあちゃんに買って貰って、
家に帰ってもチュウ。
今は一緒に寝てます。

ぶーちゃん、確かにかわいいけど。
ゆうのこの変わりよう。
何があったのかしら。
ゆうの視界に入る高さでもなかったのに。
ぶーちゃんが、
ゆうに、
ちょっと!私を連れて帰って!
って高いとこから話しかけたんじゃないかしら。
そう思ってしまうのです。
[PR]
by gii1213 | 2007-10-24 22:04

pizza☆

里帰り中です。
後輩の結婚式があって、
その前にゆうと帰ってきました。

退職してからパン作りを習ったじいちゃんが、
今度はピザを作ってくれました。
ゆうも一緒にお手伝い。
b0000459_16122884.jpg

発酵が終わった生地を伸ばします。
b0000459_16131546.jpg

ちょっとつまみ食い。
焼く前の食べておいしいの~?
という問いかけにも笑顔で答え、
やめなさい。
と言っても何度も口に入れてました。
フォークで穴あけも、ゆうがやった。

ピザソースを塗って、
タマネギ、ピーマン、プチトマト、ベーコン、チーズ。
ゆうの好きなものばかり。
オーブンに入れて10分。
b0000459_1617586.jpg

できた!!
ゆうのは、ぞうさんの形のピザ。
わかる??
とってもおいしくて夢中で食べました。

そうそう。
久しぶりに会ったのに、
ゆうはじいちゃんのことを
「じいたん!」と呼びました。
びっくり。
少しずつ話せるようになってきたねぇ。
[PR]
by gii1213 | 2007-10-23 16:19 | ゆうのこと

お父ちゃんと。

b0000459_22123522.jpg

10日前の写真。
今は、こんな恰好ではいられません。
城崎は急激に寒くなりました。
暖房器具も急いで出しました。
鍋もしました(笑)
鷄鍋。
手羽先からゆっくりダシをとって、
キノコや野菜、豆腐、くずきり、うす揚げ。
塩と黒胡椒だけで味付け。
あっさり、おいしかった~。

ちなみに、
ダンナの体重は、ゆうの11倍です。
[PR]
by gii1213 | 2007-10-19 22:12

HAPPY BIRTHDAY

b0000459_21551820.jpg

いろんなハプニングがあったけれど、
なんとか祭りは無事に終わり。
今日は「ごえん」の日。
どういう字を書くかわからないけど、
祭の打ち上げ、みたいなかんじかなぁ?
町のあちこちで連中さんがごえんをしています。

そして。
この日は毎年、ダンナの誕生日。
誕生日祝い、なんてできません。

それを可哀相に思ってくれた連中さんが、
ひそかに計画をたててくれました。

いつも買って用意してくれてるケーキを
私が作ってごえんに持ち込むというもの。

うれしいなぁ。
でも、プレッシャー…。
綺麗にデコレーションできるかなぁ。
だけど、よく考えたら、
ダンナは甘いものを食べない。
じゃあどうしよう?
何かいい案は?
と悩んで思い付いたのが、
「すしケーキ」!
押し寿司の要領でケーキの形にしたらどうかな?
と作ったのがコレ。

すし飯を作って、
ラップを敷いたケーキ型に半分詰める。
錦糸卵、もみのり、鰻の蒲焼きの千切りを順に敷き詰めて…、
またそのままのすし飯ではつまらないので、
紫蘇の実の焚いたのを混ぜて詰める。
最後は、表面に飾り付け。
錦糸卵、スモークサーモン、シメサバ、塩揉みしたきゅうりを飾った。
マヨネーズで「HAPPY BIRTHDAY」
と書きたいところが、
スペースがなくて途中になっちゃった。
だけど、思ってたより上手くできて嬉しくて。
思わず写メ撮って投稿です(笑)
見てやってください。
[PR]
by gii1213 | 2007-10-16 21:55

秋祭り

b0000459_14104498.jpg

b0000459_14104438.jpg

b0000459_14104541.jpg

昨日から、
祭りが始まってます。

ゆうは女の子なのだけど、

恰好だけ祭気分。

太鼓も祭も大好き。
大興奮です。
[PR]
by gii1213 | 2007-10-15 14:10

鶏ハムの作り方。

とうとうダンナは帰ってこなくなりました。
ほんとに未亡人です。
明日あさっての勇姿を楽しみに、母娘でがんばります。

さて、鶏ハムの作り方。
安い胸肉を使います~。
あっさりしておいしい☆

まず、胸肉に砂糖をまぶし、
次に塩をまぶします。
量はテキトー。
私は1枚に対し、砂糖は大匙1、塩小さじ1くらいかなぁ。
砂糖を入れても、
甘さは感じないので気にせずまぶしてください。
それから、香辛料。
私は黒胡椒をひく時もあれば、バジルやパセリなど刻んで入れることも。
何もなくてもいいけれど、
鶏臭さが消せるので、何か香草なり香辛料を入れるのがおススメ。

そこまでしたら、ビニール袋などにいれて密封。
冷蔵庫に一晩寝かせます。

お鍋にお湯をたっぷり沸かします。
グラグラしてるところに寝かせた胸肉をドボン。
ふつふつと5分間煮て火を止める。
蓋をして7時間ほど放置。

これでできあがり☆

時間はかかるけどアホみたいに簡単なのです。
できあがった鶏ハムは、
スライスしてそのまま食べたり、
棒々鶏みたいにしたり、
サンドイッチにしたり好きなように食べてください。
さっぱりしてて、しっとり柔らかいので、ゆうも大好きです。

そして!
茹で汁は秀逸な鶏スープになっています!
この鶏ハムを教えて作った友人たちは皆、このスープの方を絶賛。
野菜を入れて煮てスープにしたり、
それでスープスパゲッティにしたりスープ雑炊にしたりします。
そして、カレーなどの煮物に利用したり☆
いろいろ楽しめます。
ぜひぜひ作ってみてください♪
[PR]
by gii1213 | 2007-10-13 14:44

城崎の奥さんは、みんな未亡人!?

この時期は毎年、未亡人だらけ。

これは、
ダンナの同級生のお母さんのことば。

城崎に生まれた女性も、
私らもともと城崎のもんでも、嫌やわ。
ちょっとおかしいやろ?
と言っていた。

それぐらい、
今の時期の町の男たちは祭一色。
仕事も家庭も二の次にして祭の準備にいそしむのです。
特にダンナは、
上部の執頭の副総代、
(まだ上手に説明できないけど、祭の花形のひとつではあると思う。)
という名誉な役を頂いているので尚更。

祭の本番は、いよいよ今度の日曜、月曜。
もちろん楽しみだけど、
正直言って、早く終わって欲しい。
今日もゆうと二人の夕食、お風呂。
ゆうが寝て、私が寝てからしか帰ってこないのです。
いい加減にして。
でも祭に燃えるダンナはかっこいい。
複雑です。
[PR]
by gii1213 | 2007-10-10 20:50

魅惑のカレー

b0000459_2140995.jpg

ちょっぴり頑張ってカレーを作った。
ダンナが、
まきちゃん、またカレー作って。
と言ったから。

前日に牛すじの仕込み。
茹でて洗ってぶつ切り。
それを炊飯器へ。
玉葱のぶつ切りとお酒を入れてタイマー。
深夜電力で炊くのだ!
私の想像だけで試してみたけど、バッチリだった。

玉葱のみじん切りは、飴色になるまで炒めた。
翌朝、
生姜のみじん切りを炒めて、
玉葱、すじを合わせて、
ジャガ芋とニンジンを加え、
鳥ハムを作った(最近はまってる)茹で汁で煮た。
ルゥはお気に入りのプライム。

とろけるようなすじカレーが夕方にはできた。

ゆうには、
ルゥを入れる前のを取っておいたのだけど、
激しく食べたがったのであげた。
辛くて半泣きになりながらも、
お茶をがぶがぶ飲みつつ食べる食べる。

写真は翌朝。
寝起きなのに、カレーを強くご所望。
仕方なくよそってあげたら、
すごい食べっぷり。
いつもよりスプーンも上手。
ペースも早い。
カレーって魅力的だもんね。
しかし大丈夫かな。
結構辛いよ。
ダンナは、
ゆうに合わせて甘いカレーを食べずに済むからいい。
って。

ゆうの好きなものは、
チーズ、豆腐、しらす、トマト、モロヘイヤ、ほうれん草、もずく、納豆、芋のつる、果物全般、
といったところかな。
ここに、カレーがかなり上位にランクイン♪
[PR]
by gii1213 | 2007-10-05 21:40



大阪でMCタレントをしながらタレント事務所を営むも、城崎温泉に嫁ぐことになり生活が180度変わった・・・。テーマもばらばらに、日常の中での勝手なひとりごとです。             
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31