稲葉真紀 今日のひとりごと  

<   2006年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧

鯖~!さばサバ!サバの女王♪

鯖のおいしい季節です。
もしかしたら魚の中で一番好きかも。
年中おいしいけど、秋の脂がたまりません。

昨日ダンナが、
いつものおっちゃんから鯖を買って来てくれた。
ちゃんと3枚におろしてもらって(^^)
よーし!またシメサバ頑張るぞ!!

実は、前回初挑戦した後にプロにコツを教えてもらったのだ。
城崎のお寿司屋さん、「をり鶴」の若旦那。
ダンナによると、彼は東京の超有名店で修行していたらしい。
うぉっほっほ。
しかし、その後里帰りして作る機会がなかった。

よし!実践するぞ~!
と言っても、めちゃ簡単。
大目の塩を擦り付けて3時間くらい置いといて、
酢で塩を洗って、ちょっと酢に漬けておく。ちょっとだけ。
・・・ほんとかな?
教えてもらったのと微妙に違うかも(^^;)

とにかくやってみた。
鯖の身がぶあつくておいしそうなので、
せっかくだから鯖寿司に挑戦♪
b0000459_1782372.jpg

見て、この美しい青背☆
光ってるわ~。
でもちょっと、ご飯が多すぎた(^^;)
b0000459_17101681.jpg

寿司飯は、お気に入りの16発芽雑穀(やずや)入り。
これに、豚汁。
b0000459_17112018.jpg

豚肉に牛蒡、人参、長芋、玉葱、エノキダケ、干ししいたけ、こんにゃく。
まぁ、家にあった野菜です(^^;)
実家の母が送ってくれた手作りのお味噌で作りました。
20人分くらいまとめて作った。
1週間くらい持たせるつもり☆

コレだけ作るのに4時間もかかった・・・・。
途中で、ゆうがぐずるのでその度に中断。

鯖寿司の味は、なかなか。
一晩おいた今日のほうがおいしかったかな。
ちょっと焼いて焼き鯖寿司にしました☆
[PR]
by gii1213 | 2006-09-30 17:16

毛の話(^^;)

ちょっと恥ずかしい話だけど。

妊娠中、ムダ毛が濃くなった。
今までも生えていた足はちょっと濃くなって、
今までなかったお腹と胸にも!
もちろん、男の人みたいに濃くなったわけじゃない。
産毛がちょっと黒くなった程度。
でも明らかに変化した。
だから、私は男の子だと思い込んでた。
だってね、
妊娠中にムダ毛がなくなってつるつるになった。
っていう人もいて。
その人たち(2,3人の話だけど)は
みんな女の子を産んでたのだ。
だから、濃くなった私は男の子だと思った。
お腹の中の子供の性別で、ホルモンのバランスが変わるのだと。
ものすごい法則を発見したような気になってたのだけど。
でも、
女の子だったんですよねぇ・・・。

確かに、ホルモンのバランスの変化が原因のようですが、
濃くなったら男、薄くなったら女、というわけではないみたい。
人それぞれかぁ。
そして先日。
妊娠中は変わらなかったけど、
産んでから変わった場所があることを発見した。
それは、ワキ!
産んでから殆ど生えてこない。
2ヶ月になるのに。
ちょっと嬉しいなぁ。

そしてゆうは。
赤ちゃんらしく肩から背中にかけて金色の毛が生えている。
でもそれ以外は・・・、濃くはないなぁ。
私の友人に、「島の人?」
と聞かれるくらい南の島系の濃い顔のダンナとは全然違う。
私も、眉毛はしっかり、髪の毛もしっかり太く黒いのだけど。
髪の毛はまだ生え揃ってない。
女の子だから可愛そうであまり言えないけど、
この頭を上から見るたびに思ってしまう。

「江頭に似てる(^^;)」

恐る恐るダンナに告白すると、
「今頃か。前から思ってたで。」って(笑)
b0000459_11182154.jpg

[PR]
by gii1213 | 2006-09-29 11:21 | ゆうのこと

お宮参り、だなんて☆

昨日は、
うれしはずかし、ゆうのお宮参り☆でした。

私達の結婚式を挙げて頂いた神主さんにお願いして、
絹巻神社(きぬまきさん)に行きました。
京都から、
私の実家のおじいちゃんおばあちゃんもやって来て、
みんなでお参り。

いつもは外面がいいゆうも、
眠たいところを起こされて来たので、
ぐずぐず・・・。
でも、大好きな太鼓の音で少しおとなしくなりました。
お神酒を
私の左手の薬指で、ゆうの唇にそっとつけました。
玉ぐしをゆうが握って、奉天。
産まれて始めてのちゃんとした場。
ちょっと緊張しました。私が(^^;)

終わってから、お店に戻って記念撮影。
そして、皆でお祝いのお食事をしました。
この写真は太鼓橋で。
私は、ばっちり着物を着せてもらいましたよ♪
ゆうの着物は、暑かったので残念ながら外しました~。
いいお天気になってよかった。
けど、ちょっと暑かったなぁ・・・。
b0000459_18345656.jpg

[PR]
by gii1213 | 2006-09-26 18:35 | ゆうのこと

久々のワーク。

今日は、久々にスーツを着ました♪
おぉ、うぅっ、
なんとかウエストが入ったぜ(^^;)
メイクするのも久しぶり。
あ~、写真撮って貰えばよかった。

今日は、西村屋ホテル招月庭のブライダルフェア。
仕事、と言ってもマイワークではなく、
ダンナのお手伝い。
結婚されるカップルに、
ブライダルアルバムを売り込むのです☆

私が言うのもなんですが、うちの写真はイイです!!
どこにも負けない!と私はマジで思います。
だいたい、いい加減な仕事をするところに嫁に行くか!って(^^)
昔ながらの、
新郎新婦がポーズをかちっと決めて撮る写真は「型撮り」と言います。
これは、うちの義父と義母が長年の素晴らしいコンビネーションで、
新郎新婦に最高のポーズを付けて撮影します。
もちろん、私も両親に撮って貰いました☆
コレ、わたし?というほど綺麗です(^^;)
仕事柄、プロに写真を撮ってもらうことは多かったのですが、
こんなに姿勢よく美しい姿を撮って貰ったのは初めて。見たのも初めて。
成人式の写真とか、ひどかったもんなぁ。
髪の毛ちょっと乱れてるやん、とか、着物ちょっと直したい、とか。
そんなの全くなかった。感動しました!
あ~、写真データがここにない・・・。
また後日、載せます(^^)

うちのダンナは、スナップ担当。
大きな体ですが、機敏に動いてシャッターチャンスを逃しません(^^)
彼の撮る写真は、人柄が出ててなんだかあったかいです。
うまいかどうかは私にはわからないけれど、見ると思わず笑顔になってしまいます。
花嫁さんのちょっとした仕草とか、
演出に使った小物とか、
細かいディティールも逃さず撮ってるところが素敵。
それらを編集して写真集のようなアルバムを作ります。
お友達に撮って貰うから、という方も多いですが、
プロの仕事はやっぱり違う。
正面向いて撮ってる記念写真ばかりじゃなくて、モデル気分にもなれるし(^^)
一生に一度の大切なセレモニー。
知らないうちに撮られていた、自分の幸せな表情を見ることが出来る。
そんなことそうそうない。
ちょっとくらい贅沢して撮ってもらうべきです!
後で、頼んでよかった~って思って貰えるはず!
なんて、思いっきりセールスしちゃったわ。
これは私。ウェディングの胸元のレースが気に入ってたから嬉しかった~。
b0000459_20404364.jpg
やっぱり、どんな仕事も
「喜んで貰いたい」という気持ちやなぁ。
あ~、私も働きたくなってきた~。
ゆう、今日はお利口さんでした☆
[PR]
by gii1213 | 2006-09-24 20:51

誕生から明日で7週。

今日は、町の母親教室。
出産前に会った、予定日が近かったお母さん達に会える♪
ずっと楽しみにしていた。
ゆうよりも、1,2ヶ月お兄ちゃんお姉ちゃんの赤ちゃんが4人。
赤ちゃんって、それぞれ違うんだなぁ。
当たり前だけど、
顔も大きさも、髪の色も量も、肌の色も。
見た目だけじゃなくて、もちろん性格も。
へぇ~って思った。
だけど、みんなカワイイ。
思わず満面の笑顔になった。
他のお母さんもすごく笑顔だった。
出産前と顔が違う(^^)
自分も、こんな笑顔は今までできなかったなぁと気づいた。

身長と体重をはかってもらった。
ゆうは、体重はちょっぴり少な目の増加だけど、
身長が伸びていた。
7センチも伸びた。
一週1センチの計算になる。すごいなぁ。筍や。

他の赤ちゃんに、かわいいなぁと話しかけてたら、
ゆうが泣いた。
やきもち?
まさか。まだ早いやろ。
でも、家に帰ってからも、ずっとグズグズ。
お母ちゃんにべったり。
寝た!と、そろ~と寝かせて用事をしだしても
5分ともたない。
ほとんど片手で済ませた。
今も、片手(^^;)
b0000459_20413069.jpg
b0000459_20414693.jpg

ゆうの叔父さんに買って貰ったラルフローレンのポロ。
最近、笑うようになった。ご機嫌さん。
[PR]
by gii1213 | 2006-09-22 20:44 | ゆうのこと

絶妙な組み合わせ♪

私の作る料理は、酒飲みの料理。
ってよく言われる。
自分ではよくわからないけれど。
ダンナは気に入ってくれてるようなので、それでいいや。

今、ダンナは家での晩酌がお楽しみ。
そのお伴に、苦手だったミョウガにはまっている。
好き嫌いは基本的にないのだけど、
三つ葉とか、ミョウガとか香りの強いものが苦手らしい。(私は大好き。)
食べるけどね。
だんなの好みを無視して、
先日、ミョウガを梅酢で漬けた。コレ
私は、夏前に青梅と酢と砂糖で作っておいた梅酢にミョウガを漬けたけれど、
酢と砂糖で甘酢を作って漬けてもいい。
梅干を一緒に入れておくとおいしい。

このミョウガと、大好きなサラミを一緒に食べると絶妙。
b0000459_2013081.jpg

サラミはスライスして黒胡椒をかけてある。
ミョウガをシャクシャクっと食べて、まだ口の中にいる間に、サラミを2,3枚口に入れる。
うーん♪
逆でも。
サラミを2,3枚食べて、まだ旨みがあるうちにミョウガをシャクシャクっと。
あ~♪
と言いながら、ひと瓶を二人で一気に食べてしまった。
あ~、まだミョウガ安くで売ってるかなぁ。
[PR]
by gii1213 | 2006-09-21 20:02

おっぱい。

最初、殆ど出なかったおっぱい。
ゆうが根気よく、ホントに根気よく吸ってくれたおかげで
だいぶんと出るようになった。
途中、私の方が根をあげそうになった。
四六時中おっぱいに張り付いてるんだもん。

ゆうが産まれてすぐ、私は術後で動けなかった。
最初からミルクを飲ませて貰ってたゆうは、
吸っても出ないおっぱいを嫌がったこともあった。
おっぱいを手で押しのけ、
簡単に飲める哺乳瓶をくれ、とばかりに泣き叫ばれた。
悲しかったなぁ・・・。
入院中は、
おっぱいを吸う前後にゆうの体重を量られて、
どれだけ母乳を飲んだかを調べるのだけど、
体力を使ったせいか、減っていることもあって本当に辛かった。
昔は、
おっぱいが出ないのは栄養不足が原因だったそう。
今は精神的なものとか、ストレスとかが原因だと言われている。
でも、はっきりとした理由はわかっていない。
昔も今も変わらないのは、
おっぱいが出ないのは母親失格、みたいに、
母親自身が思ってしまうこと。
ただでさえ、
一人の人間の、人生の大切な第一歩を預かっている責任感で
いっぱいいっぱいになっているのに。
幸せになってほしい、健康に育ってほしい、
母親としてできる限りのことをしてやりたい、
その、最初にできること、大きな仕事がおっぱいなのだと思ってしまう。

だけどね、そうじゃないと今は思う。
一番大切なのは、
しかも2番目と大差をつけた1番は、
幸せな穏やかな空気の中にいること。
抱いたり、見つめたり、自分にできることで愛情を伝えることだと思う。
それができないようなら、他は諦めていいやんって思う。
私はイライラして、大事なことを忘れていた。
そのことに気づいて、ある程度頑張ったら諦めてミルクをあげることにした。
そしたら、逆におっぱいが出てきた。

でもね、どうしても出ない人もいる。
四六時中おっぱいを吸わせられない人もいる。
私もミルクで育ったんだって。今回初めて聞いてみた。
大きな病気もしたことないし頭もそんなに悪くない(^^)。
はっきり言って何の問題もない。
だけど、母親はどこかで自分を責めてるみたい、30年以上たった今でも。
私は根気がなかったって。
そんなことないよ。ひょっとしたら、ミルクがよかったのかも(^^;)
自信持って。だって、私はずっと元気ですごく幸せだよ。
今は、ミルクより母乳の方がいいのは、
お金もかからないし、哺乳瓶洗ったり煮沸したりしなくて済む、
楽だからいい、としか思わない。

このブログを呼んでくれた人にお願い。
赤ちゃんのいるお母さんに
「おっぱい出る?」って聞くのはやめてあげて。
もちろん、悪気なく、心配してくれてるのはわかってるのだけど。
絶対におっぱいの出る、ものすごい方法を教えてくれるのでなければ。
b0000459_2132187.jpg

[PR]
by gii1213 | 2006-09-20 21:15 | ゆうのこと

いよいよ始まった・・・。

城崎の町の男達が、本格的にそわそわし始めた。
我が家のダンナも昨日、
「今日から夜はおりません。」
宣言をした。

お付き合いを始める時に聞かされた(結婚を決めたのと同時だけど)、
「9月半ばから10月半ばまでは、いないものと思ってください。」
でもその日は去年の9月13日。
すぐじゃん(^^;)
「子供も10月産まれはダメ。」って。
大阪と城崎の遠距離恋愛だったから、
そんなに感じなかったけど、
今年は、同じ家に住んでいて、子供もいて、
迎えたこの期間。
離婚の危機を迎える夫婦もいるとか。
おそろしい・・・。

毎年10月14,15日に行われる「秋祭り」が迫ってきたのだ。
年中、祭やイベント盛りだくさんの、
観光の町である城崎が、
唯一、お客さんをほったらかしてやる行事。
本来なら、お客さんを呼べる、
かなり見ごたえのある祭らしいのだけど。
休館する旅館もあるらしいし、
営業する旅館でも、
お客さんには不便をかけることを承諾してもらうとか。
常にお客さんを1番に考える城崎の男達が、
全てほったらかして本気になる祭って??
私もまだ見たことがない。

今夜もダンナは、仕事終わりで出かけていった。
「連中」と言われるグループで祭の準備をするのだ。
この「連中」は、私達の結婚式の時に
「お嫁さん菓子」を配ってくれたり世話をしてくれた。
彼によると、「連中」は一生おつきあいするグループ。
祭だけじゃなく、冠婚葬祭の世話をしたり、
いろんな相談に乗ったり乗ってもらったりするらしい。
今、ダンナの連中は「執頭」という、祭の進行役のような係らしい。
らしい、らしいって(^^;)
いろいろ説明してもらうのだけどよくわからない。
話を聞きだすと朝まで話が止まらなさそうなので、いつも適当に聞いている。
だけど、町のみんながそわそわして楽しみにしている「秋祭り」が
私も楽しみでしょうがない。
当日は、私の実家の両親も来て、見物する予定。
[PR]
by gii1213 | 2006-09-19 21:41

絶景☆

今日は、台風一過で
とってもいいお天気でした。
お昼過ぎ、
但馬ドームで行われたソフトボール大会から帰ってきたダンナが、
(温泉チームはボロ負けだったらしい・・・)
「来日山(くるひざん)に登ろうけぇ?」
と言った。
来日山とは、城崎を見下ろす567mの山。
雲海が見れることでも有名。
私は登ったことがなかった。
今は車で頂上まで行けるらしい。
城崎の街から15分くらい、ぐねぐね細い道をあがっていった。

頂上に着くと、風が涼しい。
絶景ポイントまで、獣道を歩いた。
ゆうも、お父ちゃんに抱かれて家族3人で。
5分ほどで「八畳岩」に到着。
b0000459_2142433.jpg

その名の通り、八畳くらいある大きな岩。
「ここによじ登れ。」というダンナの命令?に従ってよじ登った。

おお~!!
b0000459_2152436.jpg

この写真で高さがわかるかなぁ。
お尻がむずむずする高さ。
でも気持ちいい~♪
今夜は久しぶりに、空を飛ぶ夢を見よっと。
[PR]
by gii1213 | 2006-09-18 21:10

みょうが・ミョウガ・茗荷

私は、香味野菜?が大好き。
葱、しょうが、にんにく、青ジソ、山椒、唐辛子、三つ葉、バジル、パクチー・・・
(こういうの、まとめてなんていうの?ハーブになるのかな。)
中でも、しょうがは頻繁に使う。
炒め物なんて、しょうががはいるだけでこんなに違うのかって感じ(^^)

「みょうが」も大好き。冷奴とか♪
子供のころは、サザエさんの漫画の中でしか知らなかった。
「物忘れがひどくなる」って野菜。
大人になって初めて食べて、おいし~♪って。
でもね、けっこう高い。
3つ入ったパックが198円が普通な感じ。
う~、高いなぁ。
しかし、先日。
近くのスーパーでみょうがが量り売りされていた!
なんと100g80円!
100gは10~12個もある☆
今が旬なのね~!!
勢い込んだけれど、
残念ながらうちのダンナは香り物が苦手。
なので欲張らずに買いました。

作ったのがこれ。
みょうがの梅酢漬け。
b0000459_2038176.jpg

さっとゆでたみょうがを梅酢に漬け込んだだけ。
冷蔵庫で冷やしておいたら、こんなに綺麗な色になりました☆

残りは、
オリーブオイルで1分炒めて塩をして、
さらに3分ほど炒めて水がでてきたら、
お酢をまわしかけて1分。
はい!できあがり。をしました☆
これは、苦手なダンナもおいしく食べてくれました。

焼酎にも日本酒にも合います♪あ、白ワインも。
みょうがの安売りを見つけたらぜひしてみて。
[PR]
by gii1213 | 2006-09-17 20:42



大阪でMCタレントをしながらタレント事務所を営むも、城崎温泉に嫁ぐことになり生活が180度変わった・・・。テーマもばらばらに、日常の中での勝手なひとりごとです。             
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30