稲葉真紀 今日のひとりごと  

カテゴリ:妊娠と出産。( 24 )

予定日から4日。

昨晩、
おしるし??
と思うような、ちょっとした出血があった。
でも、たぶん出血だと思う・・・くらいで自信がないのだけど。

おしるしがあってから陣痛が始まるまでも、人によって様々らしい。
1時間くらいで陣痛が来たっていう友達もいれば、
1週間後だったっていう人もいる。
だからなぁ・・・。
しかも、ほんとにおしるしかわからないし。
そんなことを思いながらも、
陣痛を促進するアロマ入浴をし、スクワットをし、マッサージをして、お灸。
ここまでやってるのにさぁ・・・。
頼むわよ、ベイビー(泣)
8ヶ月くらいから毎日しているお灸。
昨晩はいつもよりも張りが強くなって、痛かった。
お?これは。
朝起きたら本気の陣痛が始まってることを夢見て、寝た。
目覚めたら、今日もがっかり・・・。
なんともない。ぐっすり寝ちゃったし。
結婚したことも、城崎に住んでることも、妊娠したことも、
全部夢だったんじゃないかと思って悲しくなった。
だけどやっぱり、お腹は大きい。
そして、元気に動いてる。
夢じゃないんだ。
私、もうすぐお母さんになるのかぁ。
ほんとに?
[PR]
by gii1213 | 2006-07-31 17:30 | 妊娠と出産。

予定日プラス1日。

80%くらい、
予定日当日の誕生を信じていたのだけど・・・。
なかなか思うようには行きません。
ダンナは95%信じてたそう。

でもまぁ、
親の言うことをよく聞きすぎる子供、ってのも面白くないし。

自然に陣痛促進するようなことは試してみたけど、
とっても頑固です。
マイペースで頑固。
誰に似たのかなぁ。
・・・え?
ってことは、ギリギリまで焦らないタイプ?
2週間遅れ、とかは勘弁してくれ~。

赤ちゃんの頭も充分に下がっていて、
準備は万端そうなのに。
私の体重も赤ちゃんの大きさも既に横ばいなのに。
私たちにはわからない用事が、お腹の中で何かあるのかな?

今朝、ダンナはいったん城崎に帰ってしまった。
あ~あ。寂しいなぁ。
早く3人で城崎に帰ろうよ~(泣)
[PR]
by gii1213 | 2006-07-28 14:29 | 妊娠と出産。

予定日前日。

昨日の夜は、
腰と背中とお腹が痛くて、あまり眠れなかった。
このまま陣痛始まるのかなぁ。
って思ったけど、
子宮が収縮してるって感じの痛みではないし・・・。

朝になったら治ってました。

でもだるい。
だらだらごろごろ過ごして、
夕方、涼しくなった頃にやっと、階段昇降とお散歩。
いつものコースがとってもしんどい。
足取りが重い。
お腹が張る。
バス停の度に、ベンチで休憩して、
いつもの倍くらいの時間がかかった。

いよいよ明日は予定日。
妊娠中は禁忌だった「ジャスミン」のお風呂に入る。
通経作用があって、妊娠中は流れてしまう可能性があるので危ないらしい。
でも、もう出てきて欲しいからいいのだ。
クチナシの花の香りみたいな甘い香りにうっとり。

妊娠中は、
ラベンダーとフランキンセンス、レモン
をブレンドして岩塩と混ぜたアロマソルトで入浴していた。
寝室では、ラベンダーで芳香浴。

いよいよお産、という時も、
アロマポットを持参する。
ラベンダーを焚いて、ジャスミンのオイルでダンナにマッサージして貰うことになっている。

なぜいきなり、アロマに詳しいかって?
元ぎぃのスタッフであり、友人であり、あらゆる面で信頼を寄せているお姉様は、
なんと、アロマセラピスト☆
ぎぃを解散してから、好きなアロマの道で頑張っていけるように応援している。
まずは第一歩、と、
痛がりで怖がりの私の出産のサポートをお願いした。
彼女が用意してくれたりアドバイスしてくれたものを実践してるのです~。
それで、ずいぶんと安心してお産に挑める。

よーし、いつ出てきてもいいよ。
ていうか、甘えてないでそろそろ出てきなさい。
怖いのは私も同じ。
だけど二人で、
いや、あなたの父ちゃんを入れて3人。
3人で頑張れば怖くないよ。
そろそろ対面しよう。
根性出そうぜ。二世よ。
[PR]
by gii1213 | 2006-07-26 21:42 | 妊娠と出産。

「3年身籠る。」

気が立って眠れない。
もちろん、お腹の子供のために心穏やかに・・・
と思うのだけど、イライラする。

お腹の子供はすごく元気でよく動く。
動いてくれると安心だし嬉しいのだけど、
はっきり言ってしんどい。
もうかなり大きいし、思いっきり蹴られると「うっ。」ってなる。

本当に私にも陣痛が来るのかなぁ。
というよりも、
本当に、このお腹から赤ちゃんが出てくるんだろうか、
と思ってしまうこともある。

世界地図にアメリカがあるのは知っていたけど、
カリフォルニアの広大な土地を飛行機の上から目視するまで、
本当には信じてなかった。
目に入った途端、「あ。ほんとにあった。」って思った。
疑い深いのかな。

この約1ヶ月、
いつ産まれて来るかもしれないから。
と、遠出もできず、実家に里帰り中、
という非日常生活の中での待機状態は結構つらい。

妊娠4ヶ月くらいのとき、
試写室で「3年身籠る」という映画を見た。
女性の監督の作品で、オセロの中島知子さんの主演。
予定日を過ぎても生まれて来ず、どんどんお腹は大きくなって、
周りの人に奇妙な目で見られながら、とうとう3年も身籠ってしまう、
という、なかなか奇怪な、でもメルヘンな作品だった。

まさか。
でも、思ってしまったりするんだなぁ。
[PR]
by gii1213 | 2006-07-25 23:59 | 妊娠と出産。

予定日まであと1週間。

京都に里帰りして3週間。

びっくりするかもしれないけど、(私が一番びっくりしてるかも。)
ダンナの世話を焼けないことがこんなに辛いと思わなかった。

食事を作ったり、着替えを用意したり、爪を切ったり、耳掻きしたり・・・。
え?そんなことまでしてるの?
って言われそうだけど(ちょっとひきます??)、
気が向いたら、って感じでそんなにカイガイしいわけでもない(^^;)

結婚する前に言われた。
「食事も、もちろん作ってほしいけど、毎日しないといけないわけじゃない。
作ってあげようと思ったら作って。気が向かないのに無理してイライラされる方が嫌だ。」
って。
だから、お味噌汁は毎日飲みたいけどフリーズドライのを買い置きしてくれたらいい。
って。
なんて賢い人だろうって思った。
たしかに。
主婦になるんだから、毎日ちゃんとしなきゃ!って力入ってたし(^^;)
そのうち、
相手は望んでないのに勝手に無理して頑張って、
「してあげてるのに。」って不機嫌な顔している自分が想像できた。
そう言われて気が楽になったし、無理しない程度にできるだけしてあげたいって思えた。
買い置きしてあるフリーズドライのお味噌汁はなかなか出番がなかった。

だから今、離れていて気になって仕方ない。
一人で食事作って食べてお茶碗洗って、洗濯して干して・・・・。
想像すると切ない。
近くにある実家に帰ればいいのに、って言っても、
一人でやれるからって。
彼は彼なりに、私のいない間の私たちの家を守ろうとしてくれているんだと思う。

いろいろと、本当にいろいろと考えて、
里帰り出産を選んだ。
いまや当たり前になっている医療行為を必要以外は避けて、
赤ちゃんの産まれてくる力、私の産む力を信じたかった。
私が病院で死にたくないように、赤ちゃんも病院で産まれたくないだろうって。
そのためには城崎では無理だった。
だけど。
夫婦が離れて暮らすのは、やっぱりよくないなぁ・・・。
あんなに考えて決めたことなのに、間違ってたのかも、とすら思う。

2人目はどうしよう。
自宅で介助してくれる人が見つかるのが最高なんだけど・・・。
もしくは、2人目が生まれるまでに、
もう少し出産に対する世の中の考え方が変わってくれればなぁ。

b0000459_14222812.jpg

雨の中の散歩で見つけた。
[PR]
by gii1213 | 2006-07-21 14:24 | 妊娠と出産。

散歩、ぞうきんがけ、階段上り下り・・・・。

陣痛を促すもの、
といわれてるものです。

励んでます。
もう、いつ産まれてもいい、
なら、なるべく早く産まれてきてほしい。
早く城崎に帰りたいから。

そんなこと言ったら実の親が寂しがるよって言われるけど、
確かにそうやなぁって思うけど、
私の家はもう城崎なんだなぁ。

不思議な感じ。
自分が育った家で、母親がいろいろ世話を焼いてくれて、
とっても楽だし安心なんだけど、
なんていったらいいか・・・ずっと旅行中な感じ。

努力の甲斐あって、
ずいぶんお腹が下がってきたように思います。
足の付け根や恥骨あたりが痛くなる。
胎動もおへそより下で感じるようになってきた。
陣痛始まるまでにしっかり頭を下げてもらって、
子宮口も充分開いていれば、
いざとなってから、陣痛も少なくて済むらしい。
ギリギリまで頑張るぞ~♪

これだけ頑張ってたら、
いざとなって病院に運ばれて、もしかして帝王切開になっても受け入れられる。
・・・と思う(^^;)

エコーを見て、赤ちゃんがダンナにそっくりでよかった。
あのね、
変な話なんだけど、
ダンナが小さいころに戻って、
私のお腹に入ってるような気がする時があるの。
私の知らない彼の29年間を、これから私に見せてくれるような気がする。
そう思うと、愛しくて、出産も怖くなくなってきた。

この子も城崎の町で、
友達ができて、学校に行って、仕事するようになって、好きな人ができて、
結婚して、子供ができるんだなぁ。
私が羨ましくてたまらない、小さいころからずっと一緒の彼のまわりみたいに、
この子の友達の成長も一緒に見れるんだなぁ。
なんだか考えるだけで涙がでてくる。
早く、会いたいな。
[PR]
by gii1213 | 2006-07-12 17:40 | 妊娠と出産。

いよいよだと思ったのに・・・。

予定日までまだ3週間余りあるのに。

早いかもねぇと言われているのもあって、
昨晩は、来た!と思った(^^;)

なにぶん、初めてのことで・・・。

お腹が張って、痛みを伴ったのは初めてだった。
前駆陣痛なるものがあるのは知ってたのだけど。
来たかも、来たかもって。
ダンナに電話して、
「もしかしたら、だから、つもりしといて~。私は寝るから。」

とりあえず、まだ弱いうちに寝て体力をつけておこうって思った。
初産は16時間くらいかかるって聞いたから。
すごい痛みに目が覚めたらそれからダンナに電話して来てもらって、
助産院に行けばいい。
そう計画して寝た。

よ~く寝た。
朝起きたら、嘘みたいに退いていた・・・。

うーん。
ほんとの陣痛ってどんなのだ?
それが来た時に、あぁこれか!
ってやっとわかるんだろうなぁ。
いくら説明されても経験してみないとこればっかりはわからないなぁ。
[PR]
by gii1213 | 2006-07-08 20:15 | 妊娠と出産。

久しぶりのいいお天気です☆

待ちに待った晴れの日。
今月誕生する予定の子供のために、オムツを洗いました♪
b0000459_11101835.jpg

いろんな人に相談してみて、
お金はかかるけど紙オムツが一番いいよ~って教えてもらったのだけど。

実は私自身が、紙ナプキンがあまり得意ではないし、(最近、布ナプキンが流行ってますね!)
下着も、大人っぽいレースとか着たくても(^^;)ナイロンやポリがかゆくなったりするし、
(特に夏は。)
1週間でもイヤだなぁって思うのに、赤ちゃんは毎日、2年とかするんでしょ?
かわいそうだなぁって。
親友の先輩ママが布オムツにしていたのもあって、
とりあえずは、布オムツに挑戦することにしました。
いつギブするかわからないけどね(^^;)

今はいろんな布オムツがある。
うちの子がおしっこが多いか、肌が弱いかわからないので、
いろんなタイプを少しずつ買ってみた。
ちょっとずつ試して、いいものを買い足すつもり。

昔ながらの、さらしを輪っか状に縫ったもの。
オムツカバーの形のコットンのおむつ。
コットンニットのふんどし型のもの。
布ナプキンのようなもの。
ネル生地のもの。
シルクのもの。
オムツカバーはウール100パーセントにしました。
(チクチクしない、夏でも通気性のいい爽やかなもの)
これも、パンツ型のとオムツ型のを買ってみた。

近くの赤ちゃん用品にお店には納得いくものがなかったので、
ネットで「布おむつ」検索をして買いました♪
オーガニックコットンにしたので少し高いけど、
紙オムツも月に1万円近くかかる(うそ??)って話を聞いたので、
ずっと使えるしいいや。って思い切りました。
でも今のところ用意したのは、3万円分くらいです。
どれがいいか、どんな感じか、使い出したらまた報告しますね~。
[PR]
by gii1213 | 2006-07-04 11:29 | 妊娠と出産。

里帰り

ダンナに送って貰って、
京都の実家に帰ってきました。

城崎に住んで4ヶ月。
もうすっかりお家になって、離れるのがすごく寂しかった。
義父と義母に見送られて、泣きそうになってしまいました。

そして今日、ダンナが城崎に帰りました。
やっぱり、ダンナと離れ離れになるのが一番寂しい。
奴はおもしろいし、一緒にいると楽しいから。
いつも、大きな身体で踊ったり唄ったりしている。
最近は、百均で手に入れた縦笛を吹いたりもしている(^^;)
今日はウクレレを母に習っていた。

しばらくはちょっと寂しいけど、考えようによっては新鮮でいいかな。

今日は36週の検診。
赤ちゃんは順調に成長しています。
エコーで見ると、お腹を膨らませたりへこませたり。
肺呼吸の練習だそうです。
外に出てくる準備を着々と頑張ってました。

予定日まであと4週。
あっという間だろうなぁ。

猫の額ほどの実家の庭に、今年も葡萄が出来てました。
食べごろまではあと1ヶ月ほど。

どっちが先かなぁ。
b0000459_2119756.jpg


先日、城崎に遊びに寄ってくれた
羽川英樹さんが、日記を書いてくれてます♪こちら
[PR]
by gii1213 | 2006-06-29 21:19 | 妊娠と出産。

妊娠と出産のこと。~とりあえず完結~

長々と書いてしまいました。

誤解して欲しくないのは、
あくまでも、
まだ出産の経験をしていない私が、
今の時点で頭と体で考えて思うことを書いたまで。

知識と体験は全く違うものだし、
案ずるより産むがやすし。
実際に体験してみると、
それまでこだわっていたことが、どうでもいいことに思えるかもしれない。

そういう自分の変化についても考えてみたくて、
出産前に書きました。

そしてもちろん、ひとつとして同じお産はないと思うのです。
その人にとって満足のいくお産が最高なのであって、
人と比べるものでも、
人にこうした方がいいよ、というものでもないんですよね。
なんでもそうですけど。

映画でも食べ物でも何でも。

来週には里帰りします。
いよいよ臨月。
[PR]
by gii1213 | 2006-06-19 20:37 | 妊娠と出産。



大阪でMCタレントをしながらタレント事務所を営むも、城崎温泉に嫁ぐことになり生活が180度変わった・・・。テーマもばらばらに、日常の中での勝手なひとりごとです。             
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧